2014年09月28日

そつある

卒業アルバム…
これって思い出の品だよね。
これを見れば、その当時に戻るような気分にすらなる。


息子ももうすぐ幼稚園を卒園するんだけれども、
そのときは卒園アルバムというものをもらうそうだ。

でも、最近はそのアルバムもかなり特徴が変わっているらしく、
「自分の子どもが写っていないじゃないか」という親があまりに多かったらしく、
好きな写真をチョイスして購入しては、
アルバムの中に貼り付けるというタイプが主流になっているらしい。


でも、その親の言い分って、私からすればかなりバカげていると思う。
そもそもの卒業アルバムの目的が分かっているんだろうか。

自分の子どもが写っていないから腹を立てる…
それも正直、大人がすることではない。
そもそもの卒業アルバムの目的が分かっていれば、
自分が写っているかどうかはまったく問題ではないのだ。


私が中学時代に受け取った卒業アルバムの表紙には
「Open it when you are alone.」と書かれている。
「1人でいるときに開いてください」…
これって、卒業アルバムの本質だと思うんだよね。

年に…いや何年かに一度、時々、昔を思い出すときがある。
そんなときに、卒業アルバムを開くと、
そのときのクラスメイトがいて、
「あぁ、こんなヤツいたなあ」とか、
「コイツ、今、どうしてるんだろう」と思いをめぐらす。
それが卒業アルバムの目的だと思うんだよ。

極端な話、自分が写っている写真は1枚もなくて良い。
せめて、そのときに自分がいたことを示す写真が1枚あれば良い。
むしろ、当時のクラスメイトが写っていればそれでいいんだよ。

親が自分の子どもの写真がないからといって、
子どもが写っている写真を選んでは、
卒業アルバムに入れていっても、
子どもは将来、自分の写真ばかり詰まったアルバムを見返すと思うか?

自分の子どもの写真をアルバムに収めたいなら、
普段から、しっかり成長を記録して、
家族のアルバムを作ればいいと思うわけ。

卒業アルバムってのはね、
将来子どもが、その当時を思い出すために、
その当時の仲間を思い出すためにあるのであって、
自分の写真を見るためではないということ。

目的よりも個々の価値観を重視し過ぎると、
ただのワガママが増えるだけになってしまう。
そもそもの目的は何なのかということをはっきりしておかないと、
その卒業アルバムはただの家族のアルバムになってしまうだけ。

卒業アルバムを何年、何十年も先に見返すのは親じゃない。
実際に、その学校を卒業した子どもなのだから。
その子どもがアルバムを見て「懐かしい」と思うことが大切だということだ。


posted by KUNI at 02:19| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

大は小を兼ねる

大は小を兼ねる…

その意味は、大きいものは小さいものの役目も果たす…
ということである。

まあ、太っていたときに着ていた服は
ちょっと痩せたときでも何とか着こなせるということに当てはまる。

でも、「小は大を兼ねる」ときもあるんだな。
それはね…



トイレ。




お後がよろしいようで。
posted by KUNI at 02:19| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

その土地に慣れるには…

私自身、実家を離れたのが1997年のこと。
そこから早いもので、17年が過ぎた。

最初は東京に暮らしていたが、
その後、大阪市内に住み、
結婚とともに、さらに引越しをした。


東京で暮らしていた頃は、
学生時代の友達がいたこともあって、
そんなに寂しいという思いはなかった。
むしろ、東京での生活は楽しいものだった。

大阪に来ると、東京との文化の違いに驚いた。
テレビでは良く見ていた「おおきに」という言葉、
節分には海苔巻きをかぶりつくという風習…
広島でも東京でも聞いたことがないことに戸惑いもした。


そんな感じで、何度か引越しを重ねるにつれて、
私はその土地に馴染むために重要なことが3つあるように思った。

まず1つは、ここはお買い得で品物も良いと感じる
スーパーマーケットを見つけること。


でも、これは意外と低いハードルである。
その街を知るためには、あちこち歩いてみて、
そして地元のスーパーに足を運んで、買い物をしてみることだ。

2つ目はかかりつけの病院を見つけること。

これはちょっと難しい。
なぜなら、何らかの理由がなければ病院に行かないからだ。
でも、あなたの体のことを知ってくれるかかりつけの医者がいれば
今まで住んだことのない病院でも安心して暮らすことが出来る。

そして、最後の3つ目。
それは自分好みの床屋、もしくは美容院を見つけること。


その店に足を運べば、あなた好みの髪型にしてくれる…
そのためには何度か通わなくてはいけない。
いろんな好みがあるだろうから、
あちらこちらで吟味しなくてはならない。


いろいろと経験してみて思った最低条件。
新しく住むことになった街に馴染むためには、
居心地がいいと感じるためには、
この3つだけをクリアすれば、まずはそこそこ馴染める…
その街を「住めば都」と思えるようになるはずだと、私は思う。
posted by KUNI at 01:41| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。