2012年10月20日

酔っ払っていると…

週末になると、夜遅くまでブログを書くことも多い。
でも、静かな部屋で書くのも寂しいので、
YouTubeで気に入った曲や動画を見たり聞いたりしながら、
ブログを書くことも多いのだ。

私は今35歳だが、
1980年代の後半から90年代にかけての曲を聞きながら、
ブログを書くことが多いような気がする。
まあ、私が深夜のラジオを聞いていた頃が
ちょうどその頃だったから、懐かしいというのもある。


でも、最近は自分が生まれた頃はどんな曲がはやっていたんだろうと思い、
その曲を聞くことも多くなった。

私は1977年生まれ。
1980年の前半の曲はライブで聞いた曲が多い。
山口百恵さんやピンクレディーはかすかに記憶にある。
特にピンクレディーは私が幼少の頃、夢に出たこともあった。
2人並んでマイクを置いて引退するという夢で、
おそらく山口百恵さんの影響を受けてのものだろう。

でも、私の妻は6つ年上。
それもあって、妻が幼少だった頃の曲を聞くこともある。

6つ上だと、私がライブでは聞いたことがない曲も多い。
もちろん、その歌を歌っている歌手は知っていても、
ライブでは聞いたことがない歌手も多い。

例えば、天地真理さんやキャンディーズはまさにそうであろう。
YouTubeでその当時の映像を見ると、
「私がこの世にいなかったこの頃に、
妻は小さいながらもこの世にいたんだなあ」と思うのだ。
そう思うと、一緒になれた喜びが増すわけですな。

6つも年下の人と結婚してくれたな…って。
それだけうれしくなったりするわけで。
…と、ノロけてしまったところで、また次回!
posted by KUNI at 02:56| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

学生時代を思い出す

学生時代は東京で暮らしていた。
東京は人がごみごみしているイメージがあるかもしれないが、
私からすれば、すごく過ごしやすく、
のんびりした雰囲気だったと言うイメージが強い。

住む場所にも寄るんだろうね。
私は江東区で暮らしていたが、
近所の大きなスーパーはつぶれてしまうし、
正直、安い食料品を買うには困ったけれども、
何となく過ごしやすい、のどかな雰囲気がある町だった。

でも、そのイメージが一変するのは、
最寄り駅から電車に乗るときだったかな。
都内を縦横無尽に駆け巡る地下鉄の中でも、
混雑率の高い路線だったから、
その混雑ときたら、それは半端なかったよ。


私は、学生時代にコンビニでバイトしていた。
何となく、コンビニで働いてみたいと思ってね。

電話の取り方も知らず、お客さんとの接し方も知らない私だったけど、
そこで学んだことは、今でも活かされていると思う。
当時は、元旦の夜も仕事に行ってたな。
そのために、元日からの飛行機に乗って、
広島から東京に戻ってたときもあったっけ。

コンビニの中ではaikoさんの「ボーイフレンド」や、
花*花の「さよなら大好きな人」がよく流れてたなあ。
まあ、言っても12年くらい前のことだけど、
その当時は東京で暮らしていたって考えると、
結構感慨深いなあって思うよ。

だって、今の私には妻もいれば、子供もいる。
12年と言えば、干支なら一回りだけど、
自分を取り巻く環境は180度変わってるんだもんね。
でも、今の仕事にどこまで活かされているかは分からないけど、
コンビニでのバイトはどこかで役立っていると思うし、
そのとき、迷惑をかけっぱなしだったコンビニの店長とその奥さん…
今でもはっきり覚えてるし、感謝してるよ。

そして今、自分の遺伝子を受け継いだ子供がいる…
それだけでもその当時とは大きな違いだし、
人生では大きな出来事だよね。


東京・・・来年は必ず泊りがけで行くよ。
会いたい友達、見たい風景、いっぱいあるしね。
posted by KUNI at 01:57| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。